広島県広島市南区宇品のメイプル動物病院

当病院では犬 猫 フェレット ウサギの診療を行っていますRSS配信についてRSS配信について

メイプル動物病院
home
メイプルのサイトマップ    

犬でワクチン可能の病気

当院では狂犬病の予防注射と混合ワクチンを扱っており混合ワクチンは 以下の説明にある1から8および9の病気が予防できるワクチン(9種混合ワクチン)と、 1から9の病気が予防できるワクチン(11種混合ワクチン)と、 1から4までの病気の予防ができるワクチン(5種混合)ワクチンを取り扱っています。

*現在、国内流通の5種ワクチンの長期欠品のため5種ワクチンの取り扱いは停止してます。

また狂犬病予防注射と混合ワクチンは同時に接種はできません。

  1. ジステンパー
  2. 伝染性肝炎
  3. パラインフルエンザ、アデノウィルス2型感染症
  4. パルボウィルス感染症
  5. レプトスピラ・コペンハーゲニー
  6. レプトスピラ・カニコーラ
  7. レプトスピラ・ヘブドマディス
  8. オータムナリスとオーストラリス
  9. コロナウイルス感染症
  10. 狂犬病

1・ジステンパー

犬の代表的な伝染病で、激しい咳、下痢、神経症状がみられ死亡率が非常に高い病気です。

【原因】

犬ジステンパーウイルスの経口または経気道感染で、3〜6日の潜伏期間を経て発症します。
院内の検査キッドで検出することが可能です。

【感染経路】

感染犬による飛沫感染が主な経路ですが、その他に鼻汁、目やに、および尿に排泄されるウイルスで汚染された物を介しての間接感染も認められます。

【症状】

くしゃみ、膿性の鼻汁、咳などの呼吸器症状、嘔吐、下痢などの消化器症状に加えて、食欲不振、元気消失、高熱などが認められます。
ふるえやケイレンなどの神経症状が出現します。
特に子犬では高い死亡率であり回復した場合でも様々な後遺症が残る場合があります。

2・伝染性肝炎

犬のウイルス性肝炎で、腹痛、嘔吐、下痢、高熱を特徴とする病気です。
子犬の場合は、急性の劇症型の肝炎を発現し、突然死することがあります。

【原因】

犬アデノウイルスの中の1型のものを犬伝染性肝炎ウイルスと呼び、 このウイルスを 経口摂取することで感染します。

【感染経路】

感染犬の唾液、呼吸分泌物、糞便、尿などから感染します。

【症状】

突発性致死型
突然のひどい腹痛、発熱、虚脱に陥り12〜24時間以内に死亡します。
重症型
初期には、元気消失、鼻汁、高熱などの症状がみられ、その後腹痛、食欲不振、下痢、嘔吐などが認められるようになります。
この状態がしばらく続いた後に回復しますが、その後この病気特有の角膜の白濁が生じます。
通常は徐々に白濁は消失しますが、角膜の損傷が残り視力を消失する場合があります。
軽症型
軽度な発熱、元気消失、食欲不振がみられますが、すぐに回復します。
無症状型
臨床症状は認められませんが、特異抗体は示されます。

3・パラインフルエンザ、アデノウィルス2型感染症

一般にケンネルコフと呼ばれている呼吸器病を起こします。
伝染性が非常に高く空気伝搬によって感染し、気管支炎や肺炎を起こし、激しい咳や水様性の鼻水を特徴とします。

【原因】

犬パラインフルエンザウイルス、犬アデノウイルス2型、いろいろな病原菌が混合感染を起こし、一般にケンネルコフと呼ばれている。

【感染経路】

伝染性が非常に高く、感染犬との接触、咳やクシャミなどの飛沫から感染します。
犬が多く集まるペットショップ、ドッグショー、ケンネルなどで感染する事が多い病気です。

【症状】

発熱、鼻汁、クシャミ、激しい咳のような気管支炎の症状がみられます。
重症例では、肺炎に移行し死亡することもあります。

4・パルボウィルス感染症

突然の激しい嘔吐と下痢、進行すればトマトジュース様血便がみられ、白血球減少を特徴とする死亡率の高い恐ろしい病気です。

【原因】

犬パルボウルスの感染が原因する急性伝染病です。
このウイルスは、生存力が非常に強く、6〜7ヵ月も生存します。
ふつうの消毒や殺菌剤では死滅させることはできません。
院内の検査キッドで検出することが可能です。

【感染経路】

感染犬の糞便または糞便から感染します。感染力は非常に強力です。

【症状】

突発的に重度の下痢や嘔吐を発症し、元気、食欲がなくなります。
下痢は、泥状から水様性で、出血が認められることもあり、かなりの悪臭を伴います。
子犬では特に症状が重篤で、感染すると死亡することが多い病気です。
子犬では心不全を呈して突然死することがあります。

5・6・7・レプトスピラ

色々なタイプがあり犬だけではなく人にも感染する病気です。

【原因】

レプトスピラ菌の感染が原因する人畜共通伝染病です。
レプトスピラ菌には、いろいろな型があります。

【感染経路】

汚染した食べ物や水の摂取、感染犬の尿などから感染します。
また、感染犬だけでなくネズミや牛、豚なども感染源となります。

【症状】

コペンハーゲニー
急性の腎炎と肝炎をおこし、高熱がでた後、体温が低下し急死することがある。
嘔吐やはぐき等の出血黄疸がみられる重症型です。
人ではワイル病の原因菌として恐れられています。
カニコーラ
腎炎と肝炎症状を呈することが多く発熱元気食欲がなくなります。
また、嘔吐や血便をし、腎臓が腫れて死亡する場合もあります。
ヘブドマディス
腎炎と肝炎を併発することもあり死亡率も高い病気です。
人のレプトスピラ症(秋疫)の原因菌です。
犬での感染も多く確認されています。
オータムナリスとオーストラリス
広島市周辺でも感染例があります。
今までの検査では検出できない型になります。

8・コロナウイルス感染症

【原因】

消化管のウイルス性の感染症です。
成犬に感染してもほとんどの場合症状は現れませんが、子犬に感染すると激しい下痢や嘔吐などが見られます。

【感染経路】

感染犬の糞便または糞便から感染します。
発見当初は病原性は低いものと考えられていましたが、伝染力は非常に強い。
集団生活している場合は短期間で蔓延してしまう。

【症状】

嘔吐、激しい下痢をして脱水をおこします。幼弱な子犬の場合、他ウイルスのや細菌との混合感染を誘発して症状が重くなります。
パルボの場合は白血球減少が見られますが、コロナの場合は目立ちません。

9・狂犬病

人を含めたすべての哺乳類が感染する伝染病。
1956年以来日本国内において狂犬病の発生はない(人において海外での感染後国内発症例はある)。
発症後は死亡率ほぼ100パーセントで治療方法はない。
狂犬病予防法によって義務つけられている。

【原因】

狂犬病ウイルスにが神経系を介して脳神経組織にに到達し発病するが、
その感染の速さは日に数ミリから数十ミリと言われており、咬傷後の処置の日数を稼ぐことが可能。
日本では咬傷事故を起こした動物は狂犬病感染の有無を確認する為、捕獲後2週間の係留観察が義務付けられている。

【感染経路】

感染した動物(犬、猫、その他哺乳類)の咬み傷などから唾液と共にウイルスが伝染する場合が多く、傷口や目・唇など粘膜部を舐められたりした場合も非常に危険性が高い。

【症状】

1.前駆期
狂犬病に罹ると犬は常に不安な様子で落ち着かず、暗い場所を好み隠れたり、 睡眠障害、陰鬱状態となり、急に驚いて立ち上がり、しばしば異常行動を呈し 症状が1〜2日続きます。
2.興奮期
前駆期が過ぎると本格的な狂気の状態に陥ります。鼻先に触れる物すべてに咬みついたり、あてもなくさまよい歩きます。
延髄を侵されて呼吸困難の状態となり、
しわがれたなき声を発し、水を見る事によって嚥下筋がけいれんするので、渇きを訴えながら水を呑む事もできなくなります。
尾を股に巻き込み、眼を血走らせ、開口、流涎、実に悲惨で異状な状態となり、この状態が2〜3日続きます。
人では水を飲めないことから『恐水症』ともいいます。
3.麻痺期
最後には肢もフラフラとなり歩行不能となります。
眼は斜視となり左右の瞳孔の大きさも異なり、脱水症状を呈し痩せ衰えて死に至ります。
狂犬病は一旦発病すると現段階では治療方法はありません。

【狂犬病予防注射と登録について】

狂犬病予防法によって犬を飼う上で登録と注射を受けさせることが義務つけられています。
地域によって細かいところが異なりますが、広島市周辺での狂犬病予防に関しての情報が次のページにありますのでご覧下さい。

犬の登録および狂犬病予防注射の実施にあたって

診療動物について

  • いぬ
  • ねこ
  • ふぇれっとフェレット
  • うさぎウサギ

カレンダー

青数字
午前中の診療日になります

赤数字
休診日になります
青数字
午前中の診療日になります

赤数字
休診日になります