広島県広島市南区宇品のメイプル動物病院

当病院では犬 猫 フェレット ウサギの診療を行っていますRSS配信についてRSS配信について

メイプル動物病院
home
メイプルのサイトマップ    

メイプル動物病院でよく遭遇する病気を取り上げてみます。

イヌ編

僧帽弁閉鎖不全

この病気はすべての犬種に発生する可能性があります。
心臓の左側の心房と心室を分けている弁(僧帽弁)が加齢性の変化に伴って、弁のしまりが悪くなり、血液が 逆流することによって心臓に負荷がかかり様々な症状を起こす慢性の病気です。

好発犬種
すべての犬種に発生する可能性があるが、特にマルチーズ、ポメラニアン、 キャバリア・キングチャールズ・スパニエル、シーズー、プードルなどに多く 発生が見られる。

症状
初期には症状はほとんど見られない。聴診でわずかな心雑音が聴取されるのみである。
中期にはわずかな症状が見られ、咳、運動を嫌がる(すぐ疲れる)などの症状が見られるようになる。
後期になると症状は著明で、激しい咳、運動をしない、肺に水がたまる(肺水腫)、何もしなくても息が荒い、運動時に舌の色が 青紫色〜白色(チアノーゼ)を起こすようになり、時には失神することもある。
末期になると、呼吸困難(あえぐような呼吸)、何もしなくてもチアノーゼをおこし、このままの状態で放置すると程なく死に到る。

治療
治療は症状に合わせて様々である。
運動制限、食事療法(低ナトリウム食)、ACE阻害剤を主とし、咳をする ようであれば鎮咳薬、肺水腫が起こっているようであればループ利尿剤など、 様々な薬を併用することもしばしばである。

予後
いつ治療を始めたかによって予後は大きく変わる。
早期に治療を始めれば年単位での延命が可能であるが、末期であれば延命が望めないこともある。
また、急激な症状の悪化から治療を行っていても不整脈や呼吸困難などで突然死を起こすこともある。

椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にある椎間板が変形し、それが脊髄神経を圧迫することによって脊髄を傷害し、様々な神経症状を引き起こす病気である。
一般的には、胸椎後方と腰椎前方の領域に発生が多く見られる。

好発犬種
胴長短足の犬種に多く見られ、加齢に伴って発生率は上昇する。
ダックスフント(ミニチュア、スタンダードなど)、ビーグル、ウェルシュ・ コーギー、シーズー、ペキニーズなどダックスフントに到っては一生の間に 軽度から重度のものを含めて約2割がこの病気になるとされている。

症状
起こった部位や程度によってさまざまであるが、軽症の場合は患部に痛みが見られる程度である。
多く見られる胸部後方から腰部前方で重度の椎間板ヘルニアが起こった場合自力で起上がれなくなったり、 排尿排便が自分の意思でできなくなったりと麻痺が起こる。

治療
発症してすぐの段階であった場合はステロイドの大量投与による内科的治療が可能である。
これによって神経の炎症を引かせ状態を改善させる方法である。
発症して時間が経っていたり、ステロイド療法に反応しないときには、外科手術が必要である。
麻酔下で脊髄造影を行い、患部の場所を特定し、椎弓という神経を覆っている骨の一部を除去することで、神経の圧迫を減らす手術を行う。
治療はどちらにしても一刻も早く行ったほうが良いとされ、72時間以上経過してしまった場合は、ほとんど回復が望めないといわれている。

予後
内科的治療をおこなった場合は、約1ヶ月必要最低限の行動しかさせないよう、徹底した管理が必要となる。
外科手術を行った場合は手術直後からリハビリを開始する。
内科的治療でも外科手術でもいかにリハビリを行うかが予後を大きく左右する。
治療後にリハビリを行わなければ回復は見込めない。リハビリをきちんと行って いても100%機能回復することは難しく、回復の程度はかろうじて歩ける程度から 病気になる前と遜色ないくらいまで回復する場合もある。
しかし、リハビリを行っていても回復しないものも少なからずいる。

治療を行わなければ、麻痺が回復しないだけではなく、一部の個体に進行性脊髄軟化症が起こることがある。
これは障害が起こった脊髄が壊死し、その壊死が徐々に広がっていく症状で壊死が呼吸筋を司る脊髄神経まで到達すると呼吸不 全で死に到る。
これを止める目には壊死する直前の脊髄神経を切断するしかないと言われている。

子宮蓄膿症

子宮内に膿がたまる子宮の急性または慢性の化膿性疾患である。
原因菌として大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌が主である。

原因
子宮卵巣摘出をしていない雌犬に見られる。
通常、子宮内は酸性であるため、細菌の感染が起こりにくいが、発情などにより pHのバランスが崩れると子宮内に細菌感染が生じる。
発情が繰り返された個体ほど、子宮の細菌感染に対する抵抗力は弱いので外陰部からの感染が子宮に波及 し、子宮内で細菌が増殖し、膿がたまる。

特徴
5〜6歳を過ぎる頃から見られ始め、発情を重ねるごとにリスクは上昇する。
しかし、まれに生後半年などの若年でも起こることがある。
また、未経産の個体は経産の個体に比べ、発症リスクは高い。
経産でも、最終出産から数年経過した場合はリスクに大きな差がない。

症状と経過
細菌感染により多飲多尿が見られ、発熱や食欲減退、外陰部から膿状のおりもの が見られることがある。
症状が進むと、嘔吐、下痢などの消火器症状や、脱水などがみられ、子宮頚管が閉鎖されたものは子宮内に膿がたまり、腹囲が拡張する こともある。
この段階で適切な処置がとられないと、多臓器不全で死亡することもある。

治療
手術による子宮卵巣の摘出が第一選択である。
閉鎖型では内科的な治療では改善が乏しく、早期に手術をお勧めします。
開放型の場合は内科的治療に反応するのであれば、内科的治療で改善を図ることも 選択できるが、発情が繰り返された場合、かなりの高確率で再発する。

予防
予防には交配しないのであれば、若齢期に避妊手術を行うのが一番である。
乳腺腫瘍との関係で、生後2回目の発情までには避妊手術を行うことが望ましいと いえる。

ネコ編

慢性腎不全

全ての猫に発生が見られ、腎臓の機能が失われ、元に戻らない病気です。
老齢のネコによく見られ、病気の可能性は加齢とともに増加します。

好発種
全ての猫で見られるが、アビシニアンで多いとされています。

症状
初期には無症状であるが、症状が進んでくると多飲、多尿が見られ、食欲不振、 元気消失、脱水、嘔吐、下痢などの全身症状が見られるようになる。
末期になると痙攣発作や貧血、口内炎などの症状が見られ、尿毒症が見られる
ようになる。

治療
治療は完治を目的とするものではなく、症状をできるだけ悪化させないようにすることが目的となる。
脱水の改善のために点滴(状態によって静脈点滴、もしくは皮下点滴)、吐き気を抑えるための制吐剤、老廃物の腸管からの吸着の ために活性炭の投与、食欲があれば低蛋白食で老廃物の生成を抑制する。

予後
一度失われた腎機能は回復することがないが、発見時の状態と病状の進行により けりで、数ヶ月から数年生存は可能である。しかし、継続的な治療が必要である。

オス猫の尿路閉塞(ストラバイト尿石症)

尿路閉塞はそのほとんどが尿路結石によって起こり、微細な結石が尿路につまり、 排尿困難を起こす病気です。
閉塞したことに気づかず数日が経過した場合、急性腎不全を起こし、最悪の場合は 死に至ることも珍しくありません。

尿路閉塞のほとんどはオスで起こり、雌が起こすことはまれです。

症状
無症状であることもあるが、多くは頻尿や血尿などの膀胱炎症状を示していることが多い。
尿路閉塞が起こった後は、排尿したくても尿が出ないため、トイレにいる 時間が長くなったり、トイレに行っても尿が出ていないという症状が起こる。
このような症状が出てから数時間〜1日で尿毒症の症状が出現する。
また、まれにたまった尿が膀胱の許容範囲を超え、膀胱破裂を起こすこともある。
尿毒症の症状
 食欲低下、嘔吐、元気消失などが起こり、さらに症状が進むと死に至る

治療
とにかく一刻も早く尿路に詰まった結石を取り除き、尿を出してやることが先決である。
その後の治療は閉塞してから、解除されるまでの時間が短ければ短いほど、 膀胱炎の治療と、再閉塞を起こさないために食事管理のみで治療可能である。
逆に解除される時間が長ければ長いほど、尿毒症の治療などで、点滴などの治療が必要である。
尿毒症が重篤であればあるほど、血中カリウムの上昇が起こり、心停止などのリスクが高まる。
また、症状が軽度であっても何度も閉塞を繰り返す場合や閉塞の解除が不可能な場合、外科的治療が必要な場合もある。

急性症状を離脱した後には、結石を再度できないように、食事管理が必要となる。
屋外飼育や脱走癖のある子に対しては、屋内で飼育するのが望ましい。
食事管理は急性期離脱直後は、残った膀胱内の結晶を溶解させるフードで結石を 溶解し、その後結石ができにくくなるフードに切り替える。
その際に注意すべきことは、それらのフードの多くは成分によって結石をでき にくくしていることが多く、他の食べ物(おやつなど)を与えると効果が落ちる ものが多い。
また、結石ができる原因は、体質と食べ物が密接に関わっており、 体質改善は難しいことから、食事で維持させなければならないため、一生涯処方食 を続ける必要がある。

診療動物について

  • いぬ
  • ねこ
  • ふぇれっとフェレット
  • うさぎウサギ

カレンダー

青数字
午前中の診療日になります

赤数字
休診日になります
青数字
午前中の診療日になります

赤数字
休診日になります