広島県広島市南区宇品のメイプル動物病院

当病院では犬 猫 フェレット ウサギの診療を行っていますRSS配信についてRSS配信について

メイプル動物病院
home
メイプルのサイトマップ    

フィラリア症(犬糸状虫症)とは

蚊によって媒介されるフィラリアによる感染症です。犬の病気の中ではおそれられている心臓病の一つになります。
心臓や肺の動脈に寄生しているため、血液の流れが悪くなり、心臓や肺の機能に障害が出たりその他様々な病気の原因になる事もあります。

フィラリア何?

糸状で心臓や肺の動脈で寄生する虫。
オスとメスが存在していてメスの子宮の中で幼虫(ミクロフィラリア)を血液中に生み出している。
フィラリアに感染した犬の血を吸った蚊の体内に、ミクロフィラリアが入り込み、蚊の体内で成長します。その蚊が他の犬の血を吸った際に犬の体内に入り込みます。
犬の体内に入り込んだ幼虫は、初期は皮下や血管でで成長を続けながら心臓や肺の動脈に到達し、糸状の成虫となって寄生します。

症状は?

初期症状はほとんどありません。あっても時々咳をするぐらいの症状です。
少し進むと肺障害に関連して発咳と運動を嫌がるようになります。
さらに進むとますます運動が困難になり失神したり、腹水がたまりお腹が張ってきてやせてきます。
そして血色素尿(血尿)が出たり喀血したりして死亡にいたることもあります。

治療は?

急性症状(後大静脈症候群(VCS))が見られた場合は外科的処置でフィラリアの成虫を取り除く場合もあります。
リスクは状態が悪いこともあって非常に高いといえます。
内科的方法としては症状があまりない場合は、フィラリアの成虫駆虫もありますが、腸内の寄生虫と違って薬自体のリスクと駆虫後もすぐに体外に出るわけではないので投薬後の管理を厳格に行う必要があります。
積極的な治療ではないのですが、フィラリアの成虫の数を増やさないように長い目で管理治療することをお勧めする場合が多いかと思います。
ゆえにフィラリアの成虫の感染を防ぐのが重要になるのです。

フィラリア症の予防とは?

『薬等で蚊に刺されないようにする』・・確かに蚊に吸血されなければフィラリアの感染はありませんが、薬で蚊に刺されないようにすることは不可能であります(将来可能になるかもしれませんが・・)。
お散歩することもあって刺されないようにするというのは困難と思われます。
そして今日、予防として行われていることは、蚊によって入り込んだフィラリアの幼虫をある段階で薬を使って駆虫をしています。
ワクチンみたいに免疫で予防をしているわけではなくフィラリア予防とはフィラリアの幼虫を定期的に虫下しをしているということです。
薬箱がある方は見てもらうとフィラリア予防薬ではなくフィラリア症(犬糸状虫症)予防薬と書かれているはずです。

フィラリアの生活環

フィラリアの予防のためにはフィラリアの生活環(生活環とは、生物の成長、生殖による変化が一通り出現する周期の一つを指す言葉)を知ると分かりやすいので記述します。
フィラリアの成長段階は第1期幼虫〜第5期幼虫(L1〜L5)までの幼虫と成虫からなります。
成虫のフィラリアはオスと交合してメスは血液中に幼虫を生みます。これを卵胎生といいます。そしてこの幼虫のことを特にミクロフィラリアと言い第1期幼虫(L1)となります。
LとはLarva=幼虫のことです。
感染犬の血液中のL1を蚊が吸血した際にその体内に取り込みます。感染犬の血液中にいるL1は蚊に取り込まれないと成虫になることはできません。
そしてL1〜L3までは蚊の体内で過ごします。成長場所はL1からL3までのマルピーギ管という所ですが、L3まで成長すると吻鞘にうつり吸血を待ちます。

気温が14℃以上の条件において、蚊に取り込まれたL1は春・秋は2〜4週間、夏場は9〜14日間でL3まで成長します。このL3というのが感染幼虫です。
L3を持っていない蚊に刺されてもフィラリアに感染することはありません。媒介する蚊の種類としては日本ではトウゴウヤブカが主だと言われています。
また14℃以下の条件では、蚊の体内においてL3まで発育することはできません。

吸血に伴い犬の体内に侵入します。そしてまず皮膚の下で2回脱皮します。L3からL4になるまでに約二週間、L4からL5になるまでに約2ヶ月あまりかかります。そしてL5なった後は血管に入り込み血流に乗って肺動脈まで移動します。
L3の侵入から肺動脈までの移動するまでの期間は3〜4ヶ月です。
そして肺動脈の中で成虫となり、感染後6ヶ月たつと体中にミクロフィラリア(L1)を放出し始めます。ミクロフィラリア血症は年中を通してみられ、吸血によって蚊の体内に移行します。
蚊に移れなかったミクロフィラリアは1〜2年で死んでしまいます。成虫の寿命は5〜6年です。

実際の予防にあたって

上記してありますが、フィラリア症の予防は『蚊によって入り込んだフィラリアの幼虫をある段階で薬で駆虫する』というものです。
かっては感染可能期間の間毎日投与しなければならないものでしたが、最近ではL4の幼虫を駆除する薬(L5初期まで駆虫可能なものもある)で予防を行っています。
薬の形状形態は多くなってきましたが、蚊によって吸血されて感染後しばらく成長したものを駆虫する薬なので、感染可能期間(蚊の出現)から一ヶ月後くらいから予防を始めることになります。
終了するタイミングも同じように感染危険期間(蚊がいなくなって)後の一ヵ月後を最後の投与になります。
また、その期間は月一回の投与を行っていきますが、一回忘れたことでL5の段階の幼虫がなっていた場合はそれに対しては予防効果はないと考えられますので確実な投与が重要になってきます。
どのような予防方法をとるかは、それぞれ事情があるかと思いますので、よくよくご相談し検討しましょう。

フィラリアの感染可能期間はいつなのか?

近年フィラリアの感染可能期間を類推する方法としてHDUが提唱されています。
HDUとは??

診療動物について

  • いぬ
  • ねこ
  • ふぇれっとフェレット
  • うさぎウサギ

カレンダー

青数字
午前中の診療日になります

赤数字
休診日になります
青数字
午前中の診療日になります

赤数字
休診日になります