広島県広島市南区宇品のメイプル動物病院

当病院では犬 猫 フェレット ウサギの診療を行っていますRSS配信についてRSS配信について

メイプル動物病院
home
メイプルのサイトマップ    

ワクチンについて

ワクチンとは?

感染症の予防に用いる医薬品で毒性を無くしたか、あるいは弱めた病原体から作ら
れ、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症にかかりにくくする。
弱いとはいえ病原体を接種するため、まれに体調が崩れることがある。

愛すべきペットの生命・健康を脅かす感染症はたくさんあります。

ワクチン接種の時期 ?

狂犬病を除くワクチンは、仔犬・仔猫の時期に2〜3回、あとは毎年1回の追加接種が
必要になります。生まれて最初に飲む母乳(初乳)を通して母親からの免疫を受けます。
しかし、それは一時的なもので次第に免疫力は低下します。その親ゆずりの免疫が低下する
時期に何度かワクチン接種をすることで強い免疫力をつけ、恐ろしい伝染病から守ってあげるのです。
親譲りの免疫が低下する時期は、一般的には生後2ヶ月目くらいでその時期から接種をはじます。
そして注射で得た免疫は時間とともに低下しますので、一年ごとの追加接種が必要となります。

怖い病気なので予防できるものは予防をしっかりしておきましょう。

そのためには飼い主様のご協力が必要です。ご家族の健康へのスタートです。

ワクチン接種する際の注意事項

  • 2〜3日前からの元気、食欲、排便などの状態を獣医師に詳しく伝える。
  • ワクチンを接種してもすぐには免疫はできません。
    ゆえに病気の子との接触や子犬の場合は、もうしばらく他の犬との接触は避けまししょう。
  • 接種後は、安静にし、ストレスをかけないように心がけて下さい。
  • ワクチン接種前後数日間は、シャンプーをさけましょう。
  • まれにワクチン反応を生じる子がいますので、診療時間の早い時間帯での注射をお勧めします。

ワクチン反応って?

まれにワクチン後に反応がでることがあります。
特に激しく反応した場合は緊急に処置をしないと死亡します。

  1. 局所の反応として注射部位に痛み、腫脹、発赤、腫瘤形成
  2. 軽度の全身症状として全身のかゆみ、発熱、
  3. 鼻稜・目周囲の腫脹、かゆみ
  4. 激しい嘔吐、下痢、ムーンフェイス(顔面浮腫)
  5. 循環不全による虚脱症状。低血圧、頻脈、粘膜蒼白
  6. 呼吸低下、困難
  7. 意識昏睡、死亡

以前にワクチン反応を経験した子は次回以降より強い反応が生じる場合があります。
特に同じ種類、メーカーの場合は注意が必要です。ゆえに接種前に副腎皮質ホルモンや
抗ヒスタミン剤などの投与を行います。
反応の経験があるこは注射前にお聞きしますが、事前にお話していただけると幸いです。

診療動物について

  • いぬ
  • ねこ
  • ふぇれっとフェレット
  • うさぎウサギ

カレンダー

青数字
午前中の診療日になります

赤数字
休診日になります
青数字
午前中の診療日になります

赤数字
休診日になります